ご紹介

ドアバイザーは絶対に必要なもの?

更新日:

ドアバイザーは何のためのもの?

クルマを購入するときにオプションとして「ドアバイザー」があげられる。いわゆる雨よけで、半透明の樹脂製となっているものがほとんどでしょう。
このドアバイザーは、あたかも標準装備と思えるほど当たり前のように装着されていますが、その役割はいったい何でしょうか。
まず役割の一つとして、雨天時にわずかに窓を開けて、曇らないようにするという点があげられます。窓を開けても雨水が室内に入らないようにできます。
また、夏場の駐車時に少し窓を開けておいて熱気をこもらせないといった理由ができます。
さらに、タバコを吸うドライバーは、車内に煙をこもらせないといったメリットもあります。

スポンサーリンク

ドアバイザーは絶対に必要か?

当たり前の装備として、クルマのエアコンが普及し、その性能に不足を感じなくなっています。換気のために窓を開けるということは減っていますし、タバコを吸う人も減っています。そのために、ドアバイザーは別に必要がないと判断しているユーザーもおられるようです。
特にクルマのデザインにおいてドアバイザー未装着状態のほうがスッキリとします。

スポンサーリンク



まとめ

当たり前のオプションのようにつけられているドアバイザー。
本当に自分とって、必要なものなのか、判断してとりつけましょう。

こちらの記事もどうぞ
クルマの窓からポイ捨てしてもおとがめなし?
クルマに乗ったらまずミラーを正しい位置に調整する

スポンサーリンク



-ご紹介

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.