知恵袋

みんなから愛されるドライバーになるための気配り

投稿日:

自分のクルマに人を乗せるときに注意すること

自分のクルマに他の人を乗せるときがあると思います。それは身近な人だったり、あるいはデートなどで恋人をなんて時もあるでしょう。
さり気ない優しさや気遣い、気配りなどの配慮ができる人は、みんなから愛されることでしょう。
では、どんな点に注意することができるでしょうか?
まず、なんといっても「におい」の問題があります。
例えば、タバコを吸わない人はタバコ臭にとても敏感です。気持ち悪くなることもあります。運転中は吸いたくなった場合も我慢したり、煙がいかないように配慮するのは当然の義務といえるでしょう。
また、芳香剤を使っている場合、これもにおいによっては気持ち悪くなってしまう可能性があります。臭いを香りでごまかすことはせず、細かいところまで掃除してみましょう。

また、室内の温度にも敏感でありましょう。エアコンの設定温度が低いために、寒がりな女性にとっては、自分が快適であっても、寒すぎる場合があるのです。「暑い?」「寒い?」と一言聞くだけで、印象がずいぶんよくなるものです。

スポンサーリンク

運転の仕方にも注意を払う

いつも自分一人で運転することが多いと、ついつい同乗者のことを考えない運転になってしまうかもしれません。
急加速、急ブレーキがやむを得ない状況もあるかもしれませんが、もしそうなってしまった時には「ごめんなさい」と言うことができるでしょう。
またもし駐車場に止める際に、同乗者が乗っているドアのほうを広く開けて止めるなら、きっとそのさりげない気遣いに感謝されることでしょう。
また、ドライブ中だとなかなか自分から休憩を取って欲しいと言いにくい場合があります。
ドライバーの方から「休憩しようか。」と率先して言うとすごくうれしいし、助かるものです。

スポンサーリンク



まとめ

ドライバーのちょっとした気遣いによって、車内はとってもよい雰囲気になり、この人の運転だと、いつも快適という気持ちになります。逆にもし自分勝手なドライバーだと、もうこの人のクルマには乗りたくないと思われてしまうかもしれません。みんなから愛されるドライバーになれるように頑張りましょう。

みんなに好まれる優しい運転とは?
ドライブデートではやめてほしいクルマ~女子目線

スポンサーリンク



-知恵袋

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.