知恵袋

長い期間クルマに乗らないとガソリンが腐る?

更新日:

スポンサーリンク

ガソリンって腐るの?

原油から作られるガソリンですが、ガソリンってそもそも腐るものなのでしょうか?
ガソリンが腐るというのは正確ではなく、成分が蒸発してしまったり、水分が混ざったりして、変質してしまうといったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

数年放置してしまうと洗浄などが必要になる場合も

ガソリンの消費期限というのは法律などで定められているわけではありませんが、だいたい半年で品質が劣化し、2〜3年も経つと、悪臭を放ち、ドロドロになってしまうということもあるようです。
中古車で走行距離がとても短くお買い得って思ったら、調子が今ひとつ良くなかったということもあるようですが、実はタンクに残った古いガソリンが原因だったりすることもあるのです。
かといって、自分のクルマは燃費が良く、あんまり乗らなくて、ぜんぜん給油しないという方でもそこまで神経質にならなくてもよいかもしれません。確かに半年ぐらい経つとアイドリングが安定しなくなったり、吹けが悪くなったりする可能性もありますが、タンク半分ぐらい残っているなら新しいガソリンを新たに入れてやれば症状はなくなります。
しかし、一度ドロドロになってしまうと、タンクや配管内の洗浄や新品への交換が必要になり、手間もお金もかかってしまうのです。

スポンサーリンク



まとめ

神経質になる必要はないかもしれませんが、もしクルマの調子が悪くなり、普段、クルマにそんなに乗らないのであれば、ガソリンが悪さしているという可能性があることも覚えておきましょう。

こちらの記事もどうぞ
ガソリンってどんなもの?
クルマの燃費が一番いいのは時速何キロ?

スポンサーリンク



-知恵袋

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.