知恵袋

キーの抜き差しが固くなってしまったとき

投稿日:

キーの抜き差しが固くなってしまったときやってはダメなこと

最近のクルマはスマートキーが主流になってきています。
なので、キーを抜き差しして使うことはほとんどなくなってしまったかもしれませんが、覚えておいて損はないと思います。
クルマにしても家の鍵にしても、キーというのは、とてもアナログな仕組みで、溝に合わせてシリンダーが動いて解錠したり、キーが抜けるとシリンダーが元に戻ってロックされたりするという仕組みになっています。
問題となるのは、キーの動きが固くなってしまって、入れるときに無理矢理入れなければならなくなったり、キーを抜くときは引っかかりがあったりする場合です。
そんなときは、潤滑スプレーをカギ穴に吹きかけたくなります。実はこれはダメで、逆効果になることもあるのです。
理由は内部に溜まったゴミや汚れ、けずれて出た金属粉などが、潤滑油によって固まってしまい、すき間に詰まったりしてしまうのです。そうなってしまうと、最初は動きよくなったかのように思えますが、時間が経つと、もっと固くなってしまうのです。
では、どうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

効果的な潤滑方法とは?

正しい潤滑の方法はなにかというと、鉛筆の芯をけずったものがいいようです。
グラファイト潤滑と呼ばれるもので、カッターやナイフで鉛筆をけずって、その粉をキーに振りかけて、シリンダーに入れてたり出したりするという方法です今、問題なくても、摩耗の予防にもなります。

スポンサーリンク



まとめ

キーの抜き差しが固くなってしまったときは、潤滑スプレーを吹くのではなく、鉛筆の芯をけずったもので対処してみましょう。とってもよくなると思います。

こちらの記事もどうぞ
クルマのキーの閉じ込み(インロック)してしまったら?
運転席・助手席のカーテン・サンシェードは交通違反です

スポンサーリンク



-知恵袋

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.