ご紹介

トラックが止まる時の「プシュー」という音

投稿日:

トラックが止まるときに出る「プシュー」という音。あれはいったい?


皆さんも大きなトラックや、バスなどが停車するときに、「プシュー」という音を出すことに気づくことがあるかもしれません。
乗用車や軽自動車では、そんな音は出ないのに、いったいなんだろうと疑問に持たれたことはあるでしょうか?
それは、そもそもの構造上の違いにあります。

スポンサーリンク

エアーブレーキのエアーが抜ける音

トラックやバスなどの「プシュー」という音の正体は、エアーブレーキです。
ブレーキに使っていた高圧の空気を、停車することによって不要になり、放出した時に「プシュー」という音が出るわけです。
どうしてトラックやバスなどは、乗用車のような油圧式ではなく、空気式が採用されているのでしょうか?
それは乗用車よりも、はるかに大きな制動力が必要になってくるからです。
乗用車の油圧ブレーキは、エンジンの負圧を利用したマスターバックという装置によって、操作力が軽くなっています。
ところが、トラックやバスなどでは、それだけでは不十分なのです。
それで空気をコンプレッサーで圧縮し、高圧とすることでアシストする力を大きく高めているというわけです。
またトラックやバスでは、パーキングブレーキにもエアブレーキが使われています。パーキングブレーキは通常はスプリングによって作動した状態になっています。走行する場合には、そのスプリングを押し戻すエアを供給することで、パーキングブレーキをキャンセルします。そして停車してパーキングブレーキを作動させると、そのエアを抜くので「プシュー」という音が出るのです。わたしたちが「プシュー」という音を聞くのは、パーキングブレーキを作動させる時の音が多いかもしれません。

スポンサーリンク



まとめ

トラックやバスが止まるときに「プシュー」という音が出ると、びっくりするかもしれませんが、決してわざとやっているわけではなく、構造上の違いであるということを覚えておきましょう。

いまだにタクシーはフェンダーミラーが多いのはなぜか?
タイヤの空気圧を調整する理由

スポンサーリンク



-ご紹介

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.