知恵袋

クルマの走行中に助手席を倒してもいいのか?

更新日:

助手席のシートを倒すのは法律違反?

クルマに乗って、楽しく遊んだ帰り道など、助手席の同乗者がねむくなってしまうのはよくあることでしょう。こうしたときに、走行中に助手席を倒して寝るのは問題ないのでしょうか?
まず大前提として、助手席でも後部座席でも、シートベルトをしないで寝るというのは、違反になります。フルフラットになる後部座席で、子供を寝かして移動するのは、座席ベルト装着義務違反になります。
ではシートベルトを着用したうえで、助手席のシートを倒すことは問題ないのでしょうか?
道路交通法では、「自動車の運転者は、座席ベルトを装着しないで自動車を運転してはならない。自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置に乗車させて自動車を運転してはならない」とあり、背もたれは何度までなどという角度までは指定してはいません。

スポンサーリンク

また、安全運転に関する記述には、「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」というふうに書かれているだけなので、助手席の人の着座姿勢については触れられていません、

安全の観点から見るとどうなのか?

背もたれを倒して寝ていると、衝突時、シートベルトをすり抜けてしまい、安全性を損なってしまう可能性があります。
また、道路交通法の座席ベルトの装着の定義が、正しくシートベルトが機能する状態だと解釈すると、背もたれを完全に倒した状態は、座席ベルト装着義務違反に問われることも考えられます。
ですから、安全運転という観点からすると、助手席の背もたれが倒れた状態で運転するというのはやめたほうがいいといえるでしょう。走行中は背もたれを倒し過ぎないようにして、シートベルトがきちんと機能するポジションを保つようにしましょう。

スポンサーリンク



まとめ

走行中は、助手席で眠くなったとしても、きちんとしたポジションを保ち、安全に心がけましょう。

こちらの記事もどうぞ。
ハンスブリーでの通話は走行中でもいいのか?
運転席・助手席のカーテン・サンシェードは交通違反です

スポンサーリンク



-知恵袋

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.