知恵袋

いまだにタクシーはフェンダーミラーが多いのはなぜか?

更新日:

フェンダーミラーとは?

最近、クルマの免許を取った方は、この「フェンダーミラー」という言葉すらご存じないかもしれません。いわば、後方確認するために、サイドについているミラーのことです。今のクルマのほとんどはサイドミラーはドアについているので、「ドアミラー」という言い方もします。
「フェンダーミラー」とは、もっと前、ボンネットについているサイドミラーのことと言えるでしょう。一般的なクルマにはほとんど採用されなくなったこのフェンダーミラーですが、今でも使ってるクルマはまだたくさんあります。どんなクルマでしょうか?

スポンサーリンク

タクシーは今でもフェンダーミラー

画像の写真でお分かりのように、今でもフェンダーミラーを採用しているクルマはあります。
代表的なものにタクシーがあげられるでしょう。
ではなぜタクシーでは、フェンダーミラーが今でも採用されているかというと、ドアミラーに比べて視線移動が少なく疲れにくいこと、また死角が少ないということがよく言われています。お客さんを乗せ、かつ一日中走行しているので、こうした点は大きなメリットといえるでしょう。
さらに、タクシーを運転するために普通二種免許というものが必要になりますが、この免許を取得するために、自分の運転する車両のタイヤの位置感覚や、車両感覚をしっかりつかんでいるかを試される試験項目があるようです。
フェンダーミラーだと、ちょうどその延長線上にタイヤの中心が来るので、タイヤの場所も確認しやすいというメリットがあるようです。
また、フェンダーミラーは、ドアミラーと比べて、車体からほとんどはみ出さないので狭い道や駐車場などでも効果を発揮するようです。

スポンサーリンク



まとめ

タクシーは、乗客を安全に輸送することが最優先される乗り物です。そのため、単なる見た目よりも、実用性が最優先されます。いまだにタクシーがフェンダーミラーを採用するのには、そういう理由があるようです。

こちらの記事もどうぞ
クルマに乗ったらまずミラーを正しい位置に調整する
クルマのランプ~いつ点灯してますか?

スポンサーリンク



-知恵袋

error: Content is protected !!

Copyright© みんなのくるま , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.